木の家と

シンプル・ナチュラル・ていねいに、心地良く暮らす

菌床栽培の巨大シイタケ

昨日、本厚木にあるお気に入りのオーガニック・カフェ「晴れ屋」に行きました。

こちらのお店はカフェだけでなく古着屋と自然食品店も併設されているから、私は食材もよく買います。

そこで「今朝採れたてです」と魅力的なポップを表示された巨大なシイタケを発見。

こんなにデカイΣ(゚Д゚)

f:id:kinoieto:20180424130553j:plain

f:id:kinoieto:20180424130614j:plain

私、シイタケ食べるなら原木栽培!と思ってました。

香りが菌床栽培のものと全然違うから。

でも原発事故後は原木栽培のきのこ類から放射能が検出されていたため、あまり食べなくなっていました。

レジで「原木栽培ですか?」と訊いたら、「いえ、菌床です。でも有機の材料で菌床を作って、色々工夫して頑張ってる農家さんなんです。すごく美味しいし、放射能も検出しない、安心して食べられるシイタケです」と教えてくれました。

 

早速いただく。

f:id:kinoieto:20180424130634j:plain

たっぷりめの油に、にんにくみじん切りを入れて、放射状に切ったシイタケと、我が家産絹さやと、オイルサーディンを具に。

味付けはメイン塩、醤油少々。

 

シイタケうまうま!でした。

やっぱり原木の方が香りは強い気がしますが、それでも香り良く、プリプリの肉厚で(๑´ڡ`๑)

 

しかし原木でやってきたきのこ農家さんが原発事故後に大打撃を受けて収入が激減した、という話もパルシステムの便りで読んでいたので、手放しで喜べないというか・・

複雑な心境です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

ブログ村のランキングに参加しています。

応援クリックして頂けると嬉しいです(о´∀`о)


にほんブログ村