木の家と

シンプル・ナチュラル・ていねいに、心地良く暮らす

生姜の長期保存方法

 生姜って一度に大量に使う事があまり無いので、気づくとカビが生えてたりで無事に使い切れた事がほぼありませんでした。

ネットで保存方法を検索すると「切ってから冷凍する」「丸ごと冷凍して、必要な分だけおろし金でおろして使う」「水に浸した状態で冷蔵保存する」などが出てきて、それぞれ試しましたが私的には切って冷凍保存が一番便利だと感じました。

 

まず水に浸して冷蔵保存ですが、確かに1か月経ってもフレッシュ感ありで凄い!とは思ったのですが、マメに水を変えなきゃいけないのが面倒くさく(;´∀`)

あと1か月位ならいいんでしょうが、私は数か月経っても全然使い切れないので、そうなるとさすがに水を変えてもぬめる事が増え・・

結局カビが生えてきちゃうんですよね。

 

丸ごと冷凍保存については、冷凍した生姜をしっかり掴んでおろさなきゃいけないので、手が冷たくてイヤっていう軟弱な理由で却下(;´Д`)

 

で、結論としてはカットしてから冷凍保存、が私には合っている。

大きめにカットしたもの、小さめにカットしたもの、すり下ろしたものの3種類に分け、それぞれジップロックで保存。

すり下ろしたものは薄く伸ばして平らな状態で冷凍すると必要な分を割って使えて便利です。

f:id:kinoieto:20180313080855j:plain

 ↑左が小さめカット、真ん中が大きめカット、右がすり下ろしたもの(ラップで包んでます)。

因みにすり下ろしはラップに包んでからジップロックに入れると取り出す時に①ジップロックから出す ②ラップを開ける という2つのアクションが必要になって面倒くさいので、本当はジップロックに直接入れた方が使いやすいと思います。(次回からはそうするぞ!)


これで生姜を無駄に捨てる事がなくなりました♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

ブログ村のランキングに参加しています。

応援クリックして頂けると嬉しいです(о´∀`о)


にほんブログ村