読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木の家と

シンプル・ナチュラル・ていねいに、心地良く暮らす

ドライヤーの収納

我が家の洗面所、ドライヤーはここにあり。(赤い矢印のところ)

f:id:kinoieto:20170129182817p:plain

近づいて見るとこんなかんじ。

f:id:kinoieto:20170129182922j:plain
無印のファイルボックスを倒して置いて、その中に入れてます。

横から見た方が分かりやすいかな。

f:id:kinoieto:20170129183239j:plain
見た目はあまりかっこ良くないですが、夫も私も朝晩2回ドライヤーを使うので、都度コンセントを外して見えない場所にしまうのが面倒で(^^;
これは取り出すのもしまうのも、とてもラク◎
また、壁が珪藻土の塗り壁で防水性が無いので、壁際にこれを置くことでなるべく水ハネから守りたいという意図もあります。

コードは掃除機をかける際邪魔にならないよう、床には付かないけどなるべく長さを保てる床ギリギリの位置で、マジックテープで縛っています。

f:id:kinoieto:20170129183338j:plain
なぜコードを長く保ちたいかと言うと、髪の毛が洗面ボウルに落ちないよう、できるだけ後ろに下がってドライヤーをかけるためです。
これ、ちゃくまさんの「簡単に暮らせ」にも同様の事が書いてありましたが、我が家は洗面所からすぐ取れる場所にコードレス掃除機をしまっているので、床に落ちた髪を掃除機で吸い取る方が、洗面ボウルに落ちた髪を拾うよりラクなんです。

物をしまう時、見えない収納の美しさとオープン収納の楽チンさ、どちらを選ぶか迷う事ってあると思いますが、ドライヤーに関しては我が家の場合、楽チンさに軍配が上がっております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

ブログ村のランキングに参加しています。

応援クリックして頂けると嬉しいです(о´∀`о)

(どちらのバナーをクリックして頂いてもOKです!)

  
にほんブログ村