読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木の家と

シンプル・ナチュラル・ていねいに、心地良く暮らす

「さわのはな」というお米

お米は大抵農家さんから直接買っています。

ここ最近は新庄の高橋さんと、安曇野の矢口さんという農家さんから買うことが多いです。お二人とも無農薬・無化学肥料のお米を作っていらっしゃいます。

一週間前にも高橋さんから新米を届けて頂いたところ。

高橋さんは「さわのはな」という新庄の在来種のお米を作られています。

さわのはなは美味しいけど少し粒が小さいことと、精米した時に乳白色に濁るために市場に出回らないのだとか。(うーん、そうなの?私には全然気になりませんが。。)

このお米を食べるようになったのは、東北地震の支援の一環で企画された「さわのはな×まけるまい 田植え交流ツアー」に参加したのがきっかけでした。

田んぼが津波の塩害を受けて田植えができなくなってしまった宮城県の農家さんの「田植えがしたい」という声に応えて、高橋さんがご自分の田んぼを会場として提供し、宮城の農家さんとボランティアと新庄の農家さんで田植え交流会が実施されました。

f:id:kinoieto:20161002182824j:plain

↑その時に撮った写真。これがさわのはなの苗~

私が参加したのは2012年でしたが、今年も実施された模様。(下記はCafe Slowのスタッフさんブログ記事です)↓

blog.cafeslow.com

高橋さんご一家のホスピタリティは凄いです。

ボランティアの我々まで手厚いおもてなしをして頂き、ありがたいやら申し訳ないやら・・・かたじけないってこういうことなのね、、というかんじでした。

今でも変わらず被災地へ炊き出しに行かれている高橋さん。

とてもパワフルで明るくて気さくで、温かくエシカルな心をお持ちの素敵な方です。

ネットワーク農縁」という、生態系に優しい農産物を作る生産者と、それを支える消費者の提携グループでも活躍されています。

こんな農家さんが同じ日本にいて、その方からお米を買えるというのはとても嬉しく有難いことだなぁ。

「買い物で払うお金は、選挙でいう投票用紙と同じ」と言いますが、私もすべては難しいけれどできる限り自分が応援したい人や企業から物やサービスを買いたいです。

因みに高橋さんが毎年送ってくれる枝豆がまた絶品(*´ω`*)

↓こんな風に枝に付いたままのをど~ん!と送ってくださいます。

f:id:kinoieto:20161002183042j:plain

茶豆みたいなこうばしい感じとはまた違う系統の良い香りがして、甘味が強くて、私史上最高に美味な枝豆です。

f:id:kinoieto:20161002183259j:plain

↑茹で上がり。枝豆の緑ってほんと綺麗だな~(*´ω`*)

なんていう品種なんだろう。今度訊いてみよう(^^)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

ブログ村のランキングに参加しています。

応援クリックして頂けると嬉しいです(о´∀`о)

(どちらのバナーをクリックして頂いてもOKです!)

  
にほんブログ村